おすすめの白髪改善法!【2018年版】

生え際の白髪を染める方法

毎月のように、ちゃんと美容院へ通って白髪染めをしているのに、美容院へ行って1~2週間後には生え際がキラキラ……。
そんな、生え際の白髪に対する悩みはありませんか?
また、染めた箇所と白髪との間にくっきりと境目が出来てしまい、余計に白髪が目立ってしまうことになったという方も少なくないですよね。

そういった経験がある方は特に、どういった白髪染めを使えば生え際の目立ちやすい白髪を気にせずに済むのか悩んでいるのではないでしょうか。

このページでは、不器用な方でもストレスなく、色ムラもなくキレイに生え際の白髪染めをするためのおすすめの方法やアイテムについてご紹介しています。

生え際の目立つ白髪に悩んでいるという方は、ぜひこのページで紹介している部分白髪染めについて参考にしてみてくださいね!

ヘアマニキュア

髪色を手軽に変えられることから、人気も高いヘアマニキュア。
白髪用で市販のものでも豊富な種類の商品が売られており、そういったものでもサロンで染めたようにキレイに仕上がるというメリットがあります。
白髪を染めるためのヘアマニキュアは、白い部分に色が入りやすいように作られているため、逆に黒髪には色が入りにくくなっているという点だけ、注意してくださいね。
なので、黒髪部分に合わせたカラーを選ばないとかえって生え際の白髪が目立ってしまうことになります。
ヘアマニキュアを選ぶ際は、黒髪の色に合わせたものを選ぶのがおすすめです。

このように、手軽にできることから人気も高いのですが、ヘアマニキュアを使用する場合は地肌や皮膚には染料が付かないように気をつけなければならないため、生え際の根元まで白髪を染めるのは難しいという点や、汗をかいたりすることで色落ちしやすくなる点などのデメリットもあることを覚えておいてくださいね。

白髪染め

白髪染めトリートメントの選び方

白髪染めも、ヘアマニキュアと同様に市販で手軽に購入することができるため、使用したことがある方も多いのではないでしょうか。
白髪染めは、放置している時間が長ければ長いほど染まりやすくなるため、生え際の白髪が特に気になるという場合は生え際や根元から染めていくことで色ムラが出るのを防ぐことが出来ます。
しかし、アレルギー物質でもあるジアミン系化合物が含まれているため、長時間頭皮に白髪染めをつけていると頭皮がかゆくなったり、ピリピリしたりといった地肌トラブルが起こる可能性も高いため、なるべく長時間置かないのがベストです。
生え際の白髪染めには、あまり向いていないかもしれませんね。

部分染め

部分染めも、白髪染めと同様の成分が含まれており、頭皮に対してはとても刺激が強いものとなります。
黒髪に混ざっている数本の白髪を染めるのには向いていますが、生え際の白髪を染めるためにはこちらも時間を置いておかないとキレイに染めることができないため、頭皮のトラブルを起こす可能性がありあまりおすすめ出来ません。
しかし、本来の白髪染めなら一度開封したらその場で使い切らないといけないのですが、部分染めだと一度購入したものを使用して日が経ってから、なくなるまで何度でも使用できる商品などもあるため、手頃でコストパフォーマンスは高いです。

髪や地肌を傷めずに生え際を染める方法は?

ヘアマニキュアと白髪染めだと、先述したようなジアミン系化合物などのアレルギートラブルが起こったり、経皮毒などの心配もありますよね。
白髪染めをするたびに頭皮が痒くなったり、ピリピリするのを我慢して染め続けることで、悪化して取り返しのつかないアレルギー性皮膚炎の症状が出てしまうという可能性もあるんです。
そこでおすすめしたいのが、白髪染めシャンプーやカラートリートメントという自宅でも手軽に出来る方法になります!

白髪染めシャンプーはどうなの?

白髪シャンプー選び方

白髪染めを自分で使用したり、白髪染めのカラー剤を使って美容室で染めてもらったりした際に地肌がピリピリ・かゆくなるなどのトラブルを起こした経験がある方や、生え際だけ染めたいけど、白髪染めを定期的に生え際だけのために続けるのが面倒くさいという方にもおすすめなのが、白髪染めシャンプーです。
白髪の本数が少ないうちなどは特に、そういった白髪染めシャンプーとカラートリートメントを使用しているという方も実際多いようです。
この白髪染めシャンプーやカラートリートメントとは、普段お風呂などで髪の毛を洗う際に、白髪染めシャンプーやトリートメントを使うことで少しずつ白髪を染めていくというものです。
実際に白髪染めシャンプーを使った方の口コミを見てみるとわかるかもしれないですが、「10回ほど使用することで、生え際の白髪が目立たなくなってきた」「1週間使い続けてみて、白髪が染まっていっているのを実感した」などといった声が多く感じました。

白髪染めシャンプーの染まり具合には個人差があるため、まずは一定の期間相性を試してみても良いですね!
そして、白髪染めシャンプーと一緒に白髪染め用のカラートリートメントを併用している方も多いようなので、白髪染めシャンプーだけでは染まりにくいと感じる方はシャンプーと一緒にカラートリートメントを使ってみるのもおすすめです!

ヘアカラートリートメントもおすすめ!

白髪を染めるために、白髪染めシャンプーと一緒に使われることも多い白髪染め用のヘアカラートリートメント。
ヘアカラートリートメントは、自然由来の成分を使っている商品が多いため、頭皮や髪へのダメージも通常の白髪染めに比べるとほとんどないんです。
そして、逆に髪の毛や頭皮に良いものが含まれているものまであるんです。

白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントがおすすめなのは、そういった頭皮や髪へのダメージが少ないということだけでなく、毎日でもトリートメントをすることが出来るため、生え際の白髪が気になっている場合でも、根元が気になりにくいということにも理由があります。

通常の白髪染めや美容院で染める場合、しっかり生え際まで白髪を染めたとしても、次に美容院に行くまでの約3週間~1ヶ月の間に生え際の白髪は目立ってしまいます。
新しく白髪が生えてしまうと、染めるまではどうしても生え際が気になってしまいますよね。
ですが、毎日でなくてもコンスタントに自宅で手軽に染め続けられるトリートメントであれば、そういった生え際の白髪に関する悩みはかなり減るかと思います。

生え際の白髪を染める方法まとめ

白髪サプリの効果

白髪に悩んでいるという方の大半は、白髪染めを使用したり美容院に通って白髪を染め続けている方がほとんどだと思います。
そして、そういう方は特に生え際の白髪の悩みや、頭皮が痛くなったりかゆくなったりするといった肌トラブルの経験があるのではないでしょうか。
ちゃんと定期的にしっかり白髪染めをしていても、染めて数日が経つと
「根元が伸びて白髪が目立ってきているのでは……?」
そういった不安があるという方はとても多いようです。

そういった方にも、白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントはとてもおすすめなんです。
白髪染めシャンプーやカラートリートメントは、一度でしっかり染めるものではないため、染める力が弱いと思われがちですが、全くそんなことはありません。
日々のシャンプー・トリートメントの代わりに使い続けていくうちに、しっかりと生え際まで染まっていくのを実感出来るものになるので、白髪染めをしたあとのように生え際を気にすることもなくなりますよ。

生え際の白髪が気になる方は、ぜひこういった白髪染めシャンプーやトリートメントを取り入れて、毎日の不安を取り除いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です